title_val-de-loire

ヴァル・ド・ロワール

約1000kmにもおよぶフランスで最も長いロワール河の流域に広がるワインの名産地で、パリの南西に位置します。東西に長く、ぶどう畑が広範囲に点在しているため、その地区によって栽培しているぶどうの品種も異なり、ワインのバラエティが豊富です。

大西洋に面したフランス中部の西側からロワール河に沿って、4つの地区に分かれていて、地図上で左からPays Nantais(ペイ・ナンテ地区)、Anjou/Saumur(アンジュー/ソーミュール地区)、Touraine(トゥーレーヌ地区)、Centre Nivernais(サントル・二ヴェルネイ=中央フランス地区)と呼ばれています。

※画像をクリックすると拡大します

各地区とそれぞれの主要なぶどうの品種

地区名 タイプ ぶどうの品種
Pays Nantais(ペイ・ナンテ) Muscadet(ミュスカデ)
Anjou(アンジュ)
Saumur(ソーミュール)
Cabernet Franc(カベルネ・フラン)
Cabernet Sauvignon(カベルネ・ソーヴィ二ヨン)
Pineau d’Aunis(ピノー・ドーニ)
Grolleau(グロロー)
Chenin Blanc(シュナン・ブラン)
Touraine(トゥーレーヌ) Cabernet Franc(カベルネ・フラン)
Pineau d’Aunis(ピノー・ドーニ)
Cabernet Sauvignon(カベルネ・ソーヴィ二ヨン)
Chenin Blanc(カベルネ・ブラン)
Sauvignon Blanc(ソーヴィ二ヨン・ブラン)
Romorantin(ロモランタン)
Centre Nivernais(中央フランス) Pinot Noir(ピノ・ノワール)
Sauvignon Blanc(ソーヴィ二ヨン・ブラン)
Chasselas(シャスラ)

全体的に、春先から初夏にかけて一番味わいたいと感じるワインが多く揃うのがロワール地方のワインです。

各地区の主なAOP(AOC)

地区名 AOP(AOC) タイプ
Pays Nantais(ペイ・ナンテ) Muscadet de Sèvres-et-Maine(ミュスカデ・ド・セーヴル・エ・メーヌ)
Anjou(アンジュ)
Saumur(ソーミュール)
Cabernet d’Anjou(カベルネ・ダンジュ) ロゼ
Rosé d’Anjou(ロゼ・ダンジュ) ロゼ
Coteaux du Layon(コトー・デュ・レイヨン) 白/貴腐
Quart-de-Chaume(カール・ド・ショーム) 白/貴腐
Bonnezeaux(ボンヌゾー) 白/貴腐
Savennières-Coulée-de-Serrant (サヴァ二エール・クーレ・ド・セラン)
Touraine(トゥーレーヌ) Chinon シノン 赤/ロゼ
Vouvray ヴ―ヴレイ
Centre Nivernais(中央フランス) Pouilly Fumé プイィ・フュメ
Sancerre サンセール

ここに挙げたAOP(AOC)は、ワイン好きには有名なものばかりで、ミュスカデ・ド・セーヴル・エ・メーヌは、シュールリーと呼ばれる独特の製法により吟醸香という日本酒に似た香りを楽しむことができます。酸味が強い爽やかな白ワインで、現地では川魚や生牡蠣と合わせて楽しむことも好まれます。ロゼ・ダンジュはプロヴァンス・ロゼ、コート・デュ・ローヌのタヴェルと肩を並べるフランス3大ロゼのひとつであり、コトー・デュ・レイヨン、カール・ド・ショーム、ボンヌゾーは貴腐ワインで有名なボルドーのソーテルヌのものよりも酸味が強く多くのファンを持つ銘柄です。