title_bordeaux

ボルドー

ボルドーは、フランスの南西部の大西洋に面した一帯を指します。ジロンド、ガロンヌ、ドルドーニュという3つの川の河岸に面した土壌に数多くのブドウ畑が広がっており、単一品種でワイン醸造を行なうことが一般的なブルゴーニュに対して、いくつかのブドウ品種を混醸して、ワインを醸造しているのが特徴。豊潤で、濃厚な味わいのものが多く、羊や牛肉料理との相性が抜群です。栽培されている主たるブドウの品種には、次のようなものが挙げられます。

赤ワイン

Merlot(メルロー)、Cabernet Sauvignon(カベルネ・ソーヴィ二ヨン)、Cabernet Franc(カベルネ・フラン)、Malbec(マルべック)、Petit Verdot(プティ・ヴェルドー)、Carménère(カルメネール)

白ワイン

Sauvignon Blanc(ソーヴィ二ヨン・ブラン)、Sémillon(セミヨン)、Muscadelle(ミュスカデル)

ボルドーワインの格付け

1855年のパリ万国博覧会の際、皇帝ナポレオン3世は、フランスが誇るボルドーのワインをより分かり易く、強いインパクトで世界に紹介するために、「格付け」という制度を取り入れることを決定しました。そのため、ワイン仲買人は、シャトー(ブドウ農園)の評判や市場価格をもとにワインをランク付けしました。 当時から市場価格はワインの品質と比例していたという事実から、その時のランク付けの結果がボルドーワインの公式な格付けシステムの始まりとされていて、現在でもそれが継承されています。

ボルドーワインのAOP(AOC)~格付けシャトー~

ボルドーワインは、第1級~第5級(グラン・クリュ)にランク付けされ、そのランク分けリストに挙げられた61銘柄の赤ワインは、グラ―ブ地区のシャトー・オー・ブリオンを除いては、すべて、メドック地区の産出となっています。 また、白ワインに関しては、ソーテルヌ地区が世界的に有名で、ソーテルヌとバルサックの貴腐ワイン(甘系のワイン)だけが第1級と第2級に格付けされていますが、全般的にボルドーは赤ワインの産地として名高く、かのシャトー・ラトゥールやシャトー・マルゴーもこれに属します。格付けは他にも、ソーテルヌ地区、サンテミリオン地区でもそれぞれ制定されており、現在でも多くのワイン愛好家や専門家のひとつの指標となっていますが、それはまた後日、ご紹介します。