bourgogne_big

ブルゴーニュ

ブルゴーニュ地方は、Yonne(ヨンヌ県)のChablis(シャブリ)、Côte d’Or(コート・ドール県)のCôte de Nuits(コート・ド・ニュイ)、Côte de Beaune(コート・ド・ボーヌ)、Saône-et-Loire(ソーヌ・エ・ロワール県)のCôte Chalonnaise(コート・シャロネーズ)、Mâconnais(マコネー)、Saône-et-Loire(ソーヌ・エ・ロワール県)とRhône(ローヌ県)にまたがるBeaujolaisの4つの県/6つの地区から成り立ち、その中心はBeaune(ボーヌ市)です。

ブルゴーニュワインの特徴は、赤も白も単一品種のぶどうで醸造されている点が挙げられます。主なぶどうの品種としては、赤ワイン用にPinot noir(ピノノワール)、Gamay noir à jus blanc(ガメイ・ノワール・ア・ジュー・ブラン)、César(セザール)、Tressot(トレッソ)があり、白ワイン用ではChardonnay(シャルドネ)、Aligoté(アリゴテ)、Pinot blanc(ピノ・ブラン)、Sacy(サシ―)、Sauvignon blanc(ソーヴィ二ヨン・ブラン)があります。

ブルゴーニュワインの格付け

ボルドーの格付けシャトー(農園等級)に対して、ブルゴーニュの格付けは、畑にGrand Cru(グラン・クリュ=特級)とPremier Cru(プルミエ・クリュ=1級)と等級がつけられていて、その中の畑名が細かく区分されていることでランク分けがされています。かの有名なChambertin(シャンベルタン)や世界3大白ワインと称されるMontrachet(モンラッシェ)はそれぞれ、Gevrey-Chambertin(ジュヴレ・シャンべルタン)村のChambertin(畑名)のワイン、Puligny-Montrachet(ピュリ二―・モンラッシェ)村のMontrachet(畑名)のワインという意味で、いずれもGrand Cru(特級)畑の格付けです。

ブルゴーニュ村名AOP(AOC)

ここで主な地区と村名、主要なGrand Cru(特級)畑の一部名称をご紹介します。

Côte de Nuits(コート・ド・ニュイ)地区

村名AOP(AOC) Grand Cru(畑名) タイプ
Gevrey-Chambertin(ジュヴレ・シャンベルタン) Chambertin【シャンベルタン】
Morey-St-Denis(モレ・サンドニ) Bonnes Mares【ボンヌ・マール】
Chambolle-Musigny(シャンボール・ミュジニ―) Musigny【ミュジニ―】 赤・白
Vougeot(ヴ―ジョ) Clos-de-Vougeot【クロ・ド・ヴ―ジョ】
Vosne-Romanée(ヴォーヌ・ロマネ) Romanée-Conti【ロマネ・コンティ】

一般的にブルゴーニュワインの中でも、シャンベルタンは”男性的”、ロマネ・コンティは“女性的”だと評されます。そんな対比を楽しんで頂くことも面白いですし、同じ畑のものを年代別に比較しながら飲み比べる・・・ことも、興味深いですね。ぜひ皆様もご自身でブルゴーニュワインの楽しみ方をみつけてみて頂きたいと思います。

Côte de Beaune(コート・ド・ボーヌ)地区

村名AOP(AOC) Grand Cru(畑名) タイプ
Puligny-Montrachet(ピュリ二―・モンラッシェ) Montrachet【モンラッシェ】
Chassagne-Montrachet(シャサーニュ・モンラッシェ) Montrachet【モンラッシェ】

上に記載のMontrachet(モンラッシェ)と並び、グラン・クリュではありませんが、Côte de Beauneの白ワイン3大アぺラシオンとされているMeursalt(ムルソー)は今も昔も、日本の皇室の晩餐会などでは特に好んで振る舞われているワインなのだそうです。この3種の飲み比べも素敵ですね。

Chablis(シャブリ)地区

村名AOP(AOC) Grand Cru(畑名) タイプ
Chablis Grand Cru(シャブリ・グラン・クリュ) Bougros【ブーグロ】
Valmur【ヴァルミュール】
Les Clos【レ・クロ】

ブルゴーニュ地方の中心より少しだけ北方に位置し、貝の化石が多い独特の、石灰質が大変豊かな土壌から育ったぶどうで作られた白ワインなので、ミネラルが豊富に含まれた辛口のキリリとシャープな口当たりが特徴です。主に、グラン・クリュは日当たりのよい南斜面に固まってあります。牡蠣との相性は抜群です!