grapes

ブドウ品種

赤ワイン

カベルネ・ソーヴィ二ヨン

フランスではボルドー地方および南西地方のベルジュラック地区に多い品種。深みのある濃い色合いと独特の香りがあり、腰が強く辛口で、タンニンと酸が豊かな長期熟成型ワインに向いている品種。

カベルネ・フラン

フランスのボルドー地方で栽培されている重要品種のひとつ。 カベルネ・ソーヴィ二ヨンと比べてぶどうの熟成はやや早く、果房も大きいのが特徴。ワインの色はやや薄く、タンニンの少ない柔和なワインができる。

メルロー

こちらもフランス・ボルドーを代表する品種(特にサンテミリオン、コート・ドール)。柔和でコクがあり、まろやかな風味と口当たりなので、比較的ワイン初心者でも楽しみやすい。チリワインを代表する品種でもある。

ピノ・ノワール

フランス・ブルゴーニュを代表する品種。冷涼な気候条件のもとで育ち、単一品種で醸造されることがほとんど。色味は薄く、香りと味わいが極めて繊細。ニュージーランド、オレゴンで栽培されるピノ・ノワールも評価が高い。

白ワイン/シャンパーニュ

シャルドネ

高級白ワイン、シャンパーニュ用品種。比較的育てやすい品種なので、世界各地で栽培されている。気候条件、土壌、作り手の考えなどが味に反映されやすいので、栽培地域により味や香りが異なる。

リースリング

フランス・アルザス地方およびドイツで主に栽培されている。冷涼な気候への耐寒性がこの品種の本領を発揮するためには必須。気品を感じさせる白い花の香りやハチミツの風味が特長。